2015年5月20日

ドメインを移管

ライブドアドメインがブランドを廃止するというのでokanomail.comを、スタードメインに移管した。もうすでにライブドアドメイン自体ブランドは残っていても運営会社はLINE株式会社になったライブドア本体ではなく別会社だったのだが、ライブドアブランドも廃止するらしい。

すでにLINE以外に興味を失ってライブドアブランドを縮小している会社が運営するよりは、サーバーやドメインを専門にやっている別会社のブランドになるほうが安心なのだが、これを機に別ドメインを管理しているスタードメインに統一することにした。

移管手続きはいつもの通り。まずはライブドア側で認証キーを取得してスタードメインで移管手続きを始める。しかしライブドアでは認証キーの取得方法が分かりにくい。わかりにくいというよりメニューに存在しない。問い合わせフォームからコードを要求しなければいけない。なかなか面倒だ。

スタードメイン側では今まで利用していたURL転送が使えないのでokanomail.comやwww.okanomail.comをblog.okanomail.comに転送できない。代わりにサーバースペースがあるのでokanomail.comはCNAMEにwww.okanomail.comを指定して、www.okannomail.comはblog.okanomail.comにリダイレクトするだけのページを用意した。

ページをリダイレクトするには
<meta http-equiv="refresh" content="1;URL=http://blog.okanomail.com">
の1行だけでいいのだが、これだとブラウザの戻るボタンで戻れなくなってしまう場合がある。戻ったらすぐにリダイレクトされてしまうからだ。これを防ぐためにまずはリダイレクトするまでの時間を1秒に設定して戻るボタンの連打でさらに前のページに戻れるようにしたうえで、javascriptが利用できる環境ならjavascritpでリダイレクトすることで戻るボタンが機能するようにした。

具体的には、ヘッダに先のリダイレクトのためのタグを含め以下のように記述してある。
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<script type="text/javascript">
    location.replace('http://blog.okanomail.com/');
</script>
<meta http-equiv="refresh" content="1;URL=http://blog.okanomail.com">
ここまでしなくてもいいような気もするが、大した手間ではないのでちょっと一工夫しておいた。