2014年10月1日

Windows10発表

マイクロソフトがWindowsの次期バージョンを発表した。8の次だから9、ではなくいきなり10になるらしい。9を飛ばしたいくらい大規模な変更ということなのだろうが、それならMacみたいに9から10に変わった時にアラビア数字からギリシャ数字のXに変えたように、Windows Xにすればよかったのに。

発表された内容を見ると、10というより7.5。確かに8は先進的過ぎた。先進的すぎるというより、タッチインターフェイスに最適化しすぎてキーボード+マウスでの使い勝手が損なわれていた。キーボードとマウスのついたPCではタッチパネルがあってもタッチパネルよりはキーボードやマウスを使いたがる人が多かったということだろう。画面の前にキーボードがあればタッチパネルより手前のキーボードのほうが便利だ。

見た目は7に逆行しているように見える10だが、中身は進化している。従来のWindowsにはなく、MacやLinuxにはあった仮想デスクトップが採用された。モバイルOSがiOSとAndroidで真似をしあってお互いに近づいているのと同じように、デスクトップOSもお互い近づいていくのだろう。

派手な発表だったが、実際の発売はずいぶん先だ。2015年後半とのことなので、要は1年先だ。その前に何段階かプレビュー版が出るが、UIの変化による使い勝手の違いは8の時よりはスムーズに移行できそうなので、一般ユーザーは正式発売まで待ってもいいだろう。