2014年10月1日

日本向けOffice365発表

マイクロソフトが日本でも個人向けにOffice365を発売する。本国使用の個人向けOffice365は商用利用不可だが、日本向けは商用利用も可能になる。

内容的には2台までインストールできるOfficeが年額11800円なので、3年に1度メジャーアップデートがあるとすればアップデートのたびに最新版を購入するのとさほど変わらない。

Officeアプリ単体で考えると安くはないが、Office365を契約するとOneDriveの容量が1TBになる。オンラインストレージ1TB分と考えると、Dropboxの1TBプランが年額12,000円、Google Driveの1TBプランが月額$9.90なので、Office365とほぼ同額だ。つまり、1TBのオンラインストレージを契約すればOfficeが無料でついてくることになる。

そう考えると、オンラインストレージを使いこなすならOffice365がいいということになる。

また、同時に発表されたプリインストール版はさらに魅力だ。ハードウェアに縛られるとはいえ従来同様の永続ライセンスなので更新料は必要ない。しかも、新バージョンが発表されたら無料でアップデートできる。OneDrive増量分などサブスクリプション部分は1年で契約が終了する。

オンラインストレージを利用しないならこれだけでも魅力だが、サブスクリプション部分の契約も年額5,800円で継続できる。OfficeプリインストールPCを購入したら、オンラインストレージはOneDriveを使うしかない価格設定だ。