2014年10月29日

MicrosoftがOneDriveを容量無制限化

マイクロソフトがOffice365ユーザーのOneDrive容量を無制限にすると発表した。OfficeなしのOneDrive 1TBプランを契約するくらいならOffice365を契約したほうがいいと言える内容だ。

容量無制限といえば先日Bitcasaが容量無制限ではやっていけないとプランを撤回したばかりだ。果たしてマイクロソフトがうまくいくのだろうか。

マイクロソフトはOneDiveを収益の出る事業と考えているのではなく、ほかの事業で収益を出すための道具と考えているなら可能だろう。しかしそこまでしてOfficeを売りたいのだろうか。現状でもOfficeは圧倒的なシェアを誇っている。

日本ではほとんどのPCにOfficeがプリインストールされているが、世界的にみるとプリインストールではなく個別に購入することが多いようだ。そうなると、PCを買い替えてもOfficeは古いバージョンを使い続けるということができる。これではバージョンが違うためにファイルの互換性が十分保てないし、何よりOfficeの売り上げが上がらない。

そういったユーザーに対して、古いバージョンを捨ててサブスクリプションへの移行を促すという点からはOffice365の付加サービスの充実は理解できる。