2014年3月1日

Mt.GOXが倒産

Bitcoin取引所のMt.GOXが会社更生法の適用を受けた。事実上の倒産だ。本社が東京にあるということで日本でも大きなニュースになっている。

これでBitcoinの信用は落ちたとかニュースになっているが、Bitcoinの信用とMt.GOXの倒産は、いわば地方銀行が銀行強盗にあって全資産を奪われて経営破綻したので中央銀行の発行する通貨はもうだめたと言っているようなものだ。

ではBitcoinは安全なのか?仕組みとしては安全。ただし、Mt.GOXの例に限らず、サーバーに侵入されて盗難にあうリスクは付きまとう。これはBitcoinに限った話ではなく、リアル通貨を扱うオンラインバンキングでもしばしば同様のことが発生している。今の時代はオンライン取引全般の治安が荒れているといっていいだろう。
ここで少しBitcoinについておさらいしてみる。

匿名性と透明性

Bitcoinは匿名性がクローズアップされるが、同時に全取引が公開されるという透明性も持っている。つまり、誰が何をしたかについて、「誰が」は秘密にされるが「何を」は公開される。一応悪用防止策は取られているということだ。
とはいっても、実際には悪事にも使われる。だからこそ国家がBitcoinの規制に躍起になっているのだ。匿名性は利用者が善意である間は最高の安全性をもたらしてくれるが、悪用するにも最高だ。

独立性

一般の通貨は国が発行して、その価値も国が担保する。アメリカのような大国が発行する通貨「ドル」は信用度が高いので世界的に流通するし、ヨーロッパ諸国は連合して「ユーロ」の信用を担保する。ある国の経済が悪化すると、その国の発行する通貨は信用が下がり、他国通貨への交換レートも下がる。逆も同様。どの国も自国の通貨を強くしたいので、経済政策を行い、通貨の流通を規制する。

Bitcoinはどの国も発行していない。どの国からも独立しているという自由と引き換えに、どの国からも信用を担保してもらうことができない。一般の通貨も信用に応じて価値が上下するが、国家が介入してあまりひどいことにならないように配慮している。ところがBitcoinの場合は誰も介入しないがゆえに今回のMt.GOXの倒産のような事件が起こると乱高下する。他の通貨との交換を前提に利用すると危険だ。

Bitcoinは他の通貨を駆逐して世界唯一の通貨になった時に真価を発揮する。これは理想論だ。現実にはそううまくいかない。