2014年1月8日

エルパカBOOKS終了

ローソンの電子書籍販売「エルパカBOOKS」がサービス終了するらしい。この手の電子書籍サービスは雨後の筍のように異業種参入が相次いだが、ブームに乗っただけのサービスはじき廃れる。

電子書籍サービスはサービス終了後に読めなくなるサービスとそうでないものがあるが、エルパカBOOKSの場合は購入した書籍は全く読めなくなる。救済策としてローソンでは購入金額全額相当のPontaポイントで返還ということにしたようだ。

ポイントとはいえ全額返還というのも激しい話だ。途中で読めなくなるとはいえ購入した本は読んでいるわけで、そういう意味ではタダ読みになってしまう。全額返還しても問題ない程度しか売れていないということなのだろうか。

一部では電子書籍はサービスが終了してしまったら読めなくなるから紙の書籍より劣るという論調があるようだが、それは一面であって全てではない。蔵書として保管しておくなら紙の本の方がいいが、殆どの本はそう何度も読み返すわけではない。手元にあれば気が向いて読むかもしれないが、なくなってもそれほど問題ではない。

要は紙の本と電子書籍のそれぞれのメリット、デメリットを理解して使い分けることが大切であり、電子書籍に限っては購入するストアの選び方も重要になってくる。

0 件のコメント: