2013年12月11日

SugarSyncが完全有料化

オンラインストレージのSugarSyncが無料プランを廃止して、完全有料化に移行する。

Dropboxをはじめ、ほとんどのオンラインストレージは5GB前後の無料プランを用意していて、思う存分使ってメリットを理解したうえで大容量の有料プランへの契約に結び付けるビジネスプランになっている。

しかし、SugarSyncはもうこのフリーミアム集団から抜け出すということらしい。

発表を見ると、今後もビジネスを続けていくだけの十分な顧客は確保したので、もうこれ以上タダ乗りユーザーは必要ないということらしい。事業拡大をあきらめるなら、既存顧客と自社の利益を守る最善の選択だろう。

フリーミアム戦略で成功するには単にユーザーを増やすだけでなく、知名度を上げなければいけない。しかも、有名になるだけではだめで、熱烈なファンを増やさなければいけない。

フリーミアムで成功している例としてはEvernoteが挙げられるだろう。Evernoteはことあるごとに登場するヒゲのおっさんのキャラクターも相まって、熱烈なファンを獲得している。

Evernoteがやっていることは音楽ビジネスと似ている。バンドが無料で音楽を配りまくってファンを増やし、ライブに足を運んでもらって物販で儲ける。そういえばEvernoteも物販を始めた。ますます音楽ビジネスだ。一度見たら忘れられない印象的なアプリのアイコンも音楽ビジネスに通じるところがある。

名物CEOなどの特徴的なキャラクターや、派手なプロモーションなしで知名度と人気を上げていったDropboxの手腕は大したものだが、SugaSyncにはそのカリスマ性がなかったということなのだろう。

0 件のコメント: