2013年11月22日

Bitcasaが大幅値上げ

無制限クラウドストレージを売り物にしているBitcasaが大幅に値上げした。従来は年額$99と他社の100-200GBプラン程度の値段で無制限クラウドを提供していたのに、値上げ後は年額$999と個人で使うには抵抗のある価格になった。

この価格を払うくらいなら自宅に専用PCを用意してBitTorrent SyncやPogoplugソフトウェアを使って同期した方が安価だ。東芝からPogoplugソフトウェアがバンドルされたハードディスクが発売されたので、これと安価なPCを用意してパーソナルクラウドを構築する方が現実的だ。

大幅値上げに伴って、有限クラウドストレージプランも登場した。従来の無制限プランと同じ年額$99で容量は1TBだ。Dropboxなら100MB、SkyDriveやAmazon Cloud Driveでも200MBのプランと同程度の価格なので十分大容量ではあるが、無制限を大々的にプロモートしておいて制限が付くというのは大きなイメージダウンだ。

諸事情により値上げというのはよくある話だし、値上げ自体は問題ない。しかしその上げ幅があまりにも大きいというのはコストアップによるものではなく事業計画そのものの見誤りが原因だと考えていいだろう。何年も使い続けていくサービスとしては心もとない限りだ。

同じく無制限ストレージプランを提供しているPogoplugはBitcasaの半額で無制限プランを提供している。Pogoplugの今後を注目したい。

0 件のコメント: