2013年10月18日

Windows8.1公開

予定通りWindows8.1が公開された。ストア画面のトップの目立つことろにWindows8.1更新画面が表示される。

RC版のときはWindows Updateの後ストアのアプリ更新からだったが、より分かりやすくなったようだ。正式版でも事前にWindows Updateが必要だが、自動更新を有効にしておけばすでに必要な更新がインストールされているはずだ。ストア画面にWindows8.1が出てこない場合はWindows Updateを確認してみるといい。

更新には思った以上に時間がかかった。ダウンロードするファイルサイズが大きいので、インターネット接続速度によって更新にかかる時間はかなり変わってくるだろう。さらに更新作業そのものもかなり時間がかかる。ほかのブログなどを読んでみると標準で2-3時間かかるようだが、その後のことも考えて半日くらいは時間に余裕をもって作業したほうがいい。

起動後いきなりデスクトップ画面が表示されるなど後戻りの設定もできるようになったが、SkyDriveがWindowsに統合されてローカルファイルの操作もできるようになり、新しい操作を受け入れるならデスクトップ画面を見る必要性が少なくなった。

今回の変更でライブラリ機能はあまり意味をなさなくなった。ライブラリを参照するアプリはまだ残っているが、肝心のSkyDriveがライブラリを見に行かない。今までDropboxフォルダはユーザーディレクトリのトップに置いてフォルダをそれぞれドキュメントやピクチャなどのライブラリに登録していたが、これでは使い勝手が悪くなるのでドキュメントフォルダ下に移動した。

新しい操作を受け入れることができる人にとってはWindows8.1になってやっと実用になったといえる。新しい操作を受け入れることができない人にとっても以前の操作との互換性が高まっている。いずれにしてもこのアップデートは必須だといえるだろう。

0 件のコメント: