2013年10月3日

Reader™ストアのiOSアプリ登場

ついにReader™ストアのiOSアプリが登場した。事前情報にあった通りePub3コミックのみの対応だ。ePub3でもコミック以外の書籍には対応していないし、コミックでもePub3以外には対応していない。

それ以外の使い勝手は概ねAndroid版と同じ。最近読んだ本、最近購入した本のリストもある。対応していないが書籍一覧、雑誌一覧もある。対応していない一覧があるのは、将来的にePub3書籍に対応する予定があるからだが、ePub3以外のフォーマットについては対応予定はないようだ。

対応書籍以外でAndroid版と違うのは、ストア画面がないこと。iOSの仕様上アプリ内ストアは実現が大変なうえにアップルに利益をかなり持っていかれ、そのうえ価格設定も段階的にしかできない。そのため偶然同じ価格になることもあるが、たいていは他プラットフォームより割高になる。また、決済手段も限られ、事業者にとってもユーザーにとってもメリットは少ない。

実際のところアプリ内ストアのある紀伊國屋やBOOK☆WALKERでも、アプリ内ストアは使い勝手が悪いので結局ブラウザ経由で購入してアプリでダウンロードしている。現状のアップルだけに有利な仕組みが変わらない限り、アプリ内ストアは不要だろう。

もう一つ、Android版ではReader™ストアで購入した書籍以外でも、フォーマットが対応していてDRMフリーならばアプリに読み込んで読書できるが、iOS版にはこの機能はない。iOSの仕様として自由なファイルブラウズができない等問題点はあるが、紀伊國屋のアプリでは他のアプリで開く機能を使ってDRMフリーのePubやXMDFを開くことができる。紀伊國屋ではDropbox連係でDropboxに保存したファイルも開けるので、これはiOSの問題というよりはそこまでやる気があるかどうかだけの問題だ。

現状では今まで購入した書籍のごく一部しか読むことのできない満足度の低いアプリになっている。しかしアプリの作りそのものはいいし、Android版と使い分けても操作に違和感がない。コミック以外にも対応するようになって、さらに過去に購入した書籍がePub3化されてダウンロード可能になれば、十分満足できるアプリになる。

0 件のコメント: