2013年9月12日

BOOK☆WALKERが大幅リニューアル

角川グループの電子書籍ストアBOOK☆WALKERが大幅リニューアルしている。今までは単独のストアだったものを1号館、2号館、3号館と分けて1号館はラノベ、2号館はコミック、3号館は一般書という専門店仕立てになった。

3つに分かれたといっても総合トップから行き来できるし、カートや検索、新着一覧などはすべてを対象と入しているので細分化によって使い勝手が悪くなったようなことはない。

BOOK☆WALKERはもともとは角川グループの本ばかりで、しかもラノベやコミックに力を入れていて一般書の扱いが少なかったこともあって、ほしい本が手に入らないストアだった。

しかし、当初の取り扱い点数の少なさはともかくとして、ストアとしてはユーザーの意見を取り入れてどんどん使い勝手が向上し、さらに角川グループ以外の本の取り扱いも増えて気が付いたらよく利用するストアになっていた。

今回のリニューアルは、ラノベ、コミック専門店の印象をなくし、総合書店としてやっていく決意の表れなのだろう。実際には中身はもうすでに総合書店になっていたのだが。

0 件のコメント: