2013年9月12日

クラウドトレージ再評価

先日Bitcasaが日本語化されたのを機にクラウドストレージを再評価してみた。今回はGoogle,MicrosoftといったOS絡みのところは除いて独立系を評価した。

Dropbox

さすが老舗。安定している。モバイルでもデスクトップでも、iOSでもAndroidで同じように使える。さらっと書いたが前のように使えているので評価する必要もないレベル。

有料プランの価格に関しては、安価で容量無制限のサービスが出てきてかなり割高に見えるが、大切なデータを預ける安心感を考えると決して高くない。

Box

以前キャンペーンで50GBの無料スペースを入手したので使っている。

Windowsデスクトップ用の同期ソフトは動作が遅い。他のサービスでは変更箇所を調べるのにインデックスを作っているようだが、Boxは毎回ファイルを精査しているようで、確かに確実だが容量が増えると変更点のチェックだけで恐ろしく時間がかかって実用的でない。

幸いなことにストレージ全体ではなく、トップレベルフォルダごとに同期、非同期を設定できるので、同期フォルダと非同期フォルダに分けて、同期フォルダのファイルは用事がすんだら随時非同期フォルダに移動するという使い方をした方がいい。

運用でカバーできるとはいえ、Windowsデスクトップでローカルとクラウドを同期する気にはなれない。

Bitcasa

先日日本語化されてちょっと話題になっていた容量無制限のクラウドストレージだ。容量無制限ということはローカルよりもクラウドのサイズの方が大きくなることがあるわけで、そのためにDropboxのようにローカルに完全なクラウドのコピーを持つのではなく、クラウドを仮想ドライブとしてマウントして必要なファイルだけを随時同期する方式になっている。

ローカルにコピーを持たないわりにファイルアクセスの速度が速いが、その代償として大量のメモリを消費する。最初はそれほどメモリを必要としないのだがファイルのやり取りのたびにどんどんメモリを消費する。、メモリの少ないマシンだとそのうちメモリ不足で動かなくなる。

Pogoplug

もともとは専用機器を使って自宅に設置したハードディスクをクラウドストレージにするサービスだったが、現在では容量無制限の純粋なクラウドストレージも提供している。しかもBitcasaのほぼ半額だ。

ローカルとの兼ね合いに関しては、Bitcasaとは違うアプローチをとっている。デスクトップアプリはアップロード専用で、その名もPogoplug Backupだ。常駐させておくと設定したフォルダに変更があるたびにファイルをクラウドにアップロードする。削除してもクラウドからは削除されないのでまさにバックアップ。バックアップ対象は任意のフォルダを設定できる。

アップロードの速度は遅いが、その分メモリにもやさしい。変更をリアルタイムで反映するというよりは気が付いたらバックアップされているといった印象だ。オンラインストレージとしては不満もあるが、オンラインバックアップとして考えると料金も安くて使い勝手がいい。あとは数十年後にバックアップデータが必要になった時まで会社が存続してくれることを祈るばかりだ。

0 件のコメント: