2012年10月24日

アマゾンがKindleを日本で展開


アマゾンがついに日本でKindleストアをオープンさせる。今まで「近日登場」だったが、明日10月25日オープンとはっきり表示されたので確定なのだろう。

専用端末はすでに注文を受け付けている。Kinle PaperwhteとFireシリーズ。Paperwhiteは8,480円、Fire HDは16GBで15,800円と、直接のライバルになるであろう楽天koboやソニーReader、Google Nexus7よりも安価だ。

アマゾンは端末で利益を得ず、コンテンツ販売で儲けようとしているのだから端末が安いのは当然だが、問題はコンテンツだ。明日オープン予定のKindleストアの画面では、角川グループ、ハヤカワ、文春、ダイヤモンド、プレジデントは確認できた。しかし小学館、講談社などの書籍はカバー写真がないので明日から取り扱いが始まるのかそれとも取り扱いがないままなのかは不明だ。

いずれにしても明日ストアがオープンすればはっきりする。ただ専用端末に関しては、iOSやAndroidなどのアプリで読めるしモバイルデバイスを持っていなくてもGoogle Chromeなどのブラウザ上でも読めるので、ヘビーユーザーかこれを機に専用端末がほしいという人以外にはお勧めしない。

0 件のコメント: