2012年10月24日

アップルがiPad miniを発表

かなり前から出る出るといわれてなかなか登場しなかったiPad miniだが、今回は事前の予想通りのものが出てきた。予想通り、期待外れだった。

人によって何を期待しているかによって評価は変わってくるのだが、私の期待しているものはiPad miniにはない。

まず第一に7インチクラスのタブレットをどう見るかだが、コミュニケーションツールとしては、普通の電話として使えて、ポケットから出してすぐに写真を撮影したりそれをTwitterやFacebookに投稿できるスマートフォンの方が使い勝手がいい。フル機能のタブレットとして使うには10インチクラスの画面サイズがほしい。

では7インチクラスは中途半端で使い物にならないかというと、実はジャストフィットする使い方がある。電子書籍端末だ。小説を読むだけなら電子ペーパーの専用端末のほうがいいが、雑誌や漫画を読むならフルカラーの端末がいい。電子ペーパーはレスポンスが悪いので画像が多いと読みにくくなる。

そう考えると日本では発売されていないKindle Fileや日本でも発売されたNexus7がライバルとなる。Nexus7と比べると価格が違いすぎる。端末の性能ではなくコンテンツを入れるための器と考えるとこの価格差は大きい。

そして次に問題となるのは端末の性能。旧世代のiPad2相当のCPU、Retinaでないディスプレイ。新製品の段階ですでに型落ちだ。だからといって今は快適に使えるだろう。しかし一年後くらいに、iPhoneやiPadがモデルチェンジして、それに合わせてiOSがアップデートされたら、その時にはもう使い物にならなくなるだろう。同時発表されたiPadや先日発売されたばかりのiPhone5はその時点でもまだ実用になるだろうが。

つまりNexus7のライバルとしてみた時は価格が高すぎる、小さいiPadとしてみた時は外形寸法だけでなく性能までスケールダウンしているということだ。

実際のところ、アップルとしてはiPod touchとiPadの中間のラインだからサイズも価格もその中間なるのは予想されたことだが、GoogleがNexus7をiPod touchよりも安い価格で出してきたのでiPad miniの落としどころがなくなってしまった。

iPad miniに魅力を見出すとすればNexus7との価格差に見合うだけの何かが必要になる。iPhoneとAndroid携帯ではiPhoneの方に魅力を感じるし、iPadと10インチAndroidタブレットでもiPadの方がいい。でも小型タブレットに限っては、機能を欲張るよりはターゲットを絞って価格を抑えた端末の方が魅力的だ。それ一台ですべてをカバーするのではなく補助端末的な使い方になるのだから。

0 件のコメント: