2012年9月19日

Twitterモバイルアプリ更新

Twitterのモバイルアプリが新しくなっている。iOS版、Android版同時更新で、新機能としてプロフィールページにバナー画像が設定できるようになった。バナー画像はwebインターフェイスのデザイン設定画面からも変更できる。

この新機能は企業アカウントなどのプロモーション用としてデザインされたもののようだが、もちろん個人ユーザーでも利用できる。モバイルアプリでプロフィールを見た時にバナー画像がないと間が抜けた印象があるので、気になる人は設定しておくといいだろう。

新機能と引き換えになくなったものもある。画像投稿先が選択できなくなった。以前は画像を投稿する際に純正サービスであるpic.twitter.comとtwitpicやyflogといった外部サービスのうち好みのものを選べたが、今回の更新で選択できるのは純正で対応していない動画ファイルだけになった。

これをもってtwitpic等の外部サービスが締め出されたといっている人もいるようだが、そこまで深刻な問題ではない。Twitterアプリを使うなら画像投稿先はTwitterで、twitpicに投稿したいならtwitpicアプリを使えばいいだけの話だ。Twitterアプリ内部から投稿できなくなっただけで、外部から投稿した写真は今まで通りアプリ内で表示できる。instagramなどと同じ立場になったと考えればいいだろう。

0 件のコメント: