2012年9月13日

新しいiPod登場

アップルが新しいiPodを発表した。キャリア縛りをつけないと法外な値段になるiPhoneよりこっちの方が気になる。通話はガラケー、通信はモバイルルーターという体制が固まりつつあるのでスマートフォン的なデバイスに通話機能は求めない。

iPod touchは見た目の変更以上に性能が向上しているようだ。今後新しく登場してくるアプリはiPhone5の性能を前提に作られるだろうから、旧世代のiPod touchでは動作しないものも出てくるだろう。

純粋に音楽を聴くだけのデバイスとしてはiPod nanoの方がいい。ただこのサイズのデバイスにタッチスクリーンが必要かどうかについては疑問だ。片手でしっかり持ってもう片方の手で操作するならいいが、片手でつまむ動作になるサイズだと持っただけでタッチしたことになり誤動作のもとだ。そもそも機能が少ないのだから、タッチスクリーンにしなくてもボタンとホイールでいいだろう。

iPod nanoは安くていいのだが16GBモデルだけというのはちょっといただけない。音楽を聴くだけだがもっと容量がほしいという需要にこたえてほしいところだ。それにiTunesがなければ音楽を転送できないiPodよりは、USBで接続してフォルダにファイルをドロップするだけで音楽を転送できるウォークマンの方が使い勝手がいい。

また、新しいiPhoneとiPodではコネクタが小型化されている。裏表どっちでもよくなったのは歓迎するが、従来と形状が異なるということは今までドックコネクタに直接差して使っていたスピーカーなどが使えなくなるというのは困ったところだ。ケーブル接続ならアダプタでいいが、直接接続だとそうはいかない。

0 件のコメント: