2012年7月2日

角川グループが他社の電子書籍取り扱いを拡大

角川グループが同社の電子書籍ストア「ブックウォーカー」で小学館など13社の電子書籍の取り扱いを開始した。昨年暮れにはグループ外出版社として初めてソフトバンククリエイティブの電子書籍の販売を開始したが、ここにきて大幅に取り扱いが拡大したことになる。

角川グループはもともと電子書籍の販売に積極的だった。ただし初期のころは自社の書籍を自社のストアでのみ販売し、かなり囲い込み路線のように見受けられた。

しかし、昨年暮れあたりからソニーReaderなど他社のプラットフォームにも自社の書籍を提供し、また、今回自社のプラットフォームで他社の書籍の取り扱いを拡大するなど開放路線に進んでいるとみられる。

0 件のコメント: