2012年6月2日

Windows8 Release Preview登場

Windows8のリリース前の最終プレビュー版であるRelease Previewがダウンロート提供開始された。

見た目は以前のConsumer Previewからそれほど変わっていない。Consumer Previewの時点でかなり完成されていたので当然といえば当然。Internet Explorerも完成度が上がっているが、これはもうひと頑張りほしいところだ。

以前インストールしていたConsumer Previewをいったん完全に削除してからRelease Previewをインストールしたのだが、LiveIDのおかげで設定の大部分が引き継がれた。Internet Explorerのピン止めサイトも引き継がれたが、デスクトップ版のお気に入りは引き継がれなかった。Windows8ではメトロがメインということなのだろう。

メトロUIはプライベート目的には使いやすい。タッチパネルとの相性はいいだろう。仕事で使うにしても、目の前のタスクに集中できるというメリットがあるかもしれない。問題はメトロ対応アプリがまだ少ないことだ。

サードパーティーのメトロ対応アプリの中で特筆すべきはKindleだ。もともと電子書籍はタブレット端末との相性がいいのでタブレット用にデザインされたメトロUIとの相性もいい。しかしそれ以外は目立ったアプリもなく、あっても旧来のクラシックデスクトップ用の方が優れているケースもある。

まだ対応アプリが少ないので、当面はデスクトップアプリ中心で使うことになるだろう。そうであればせっかくのWindows8の新しさは生かされない。逆に変化に戸惑うこともないだろう。

0 件のコメント: