2011年10月19日

RabooがReaderに対応

楽天の電子書籍ショップRabooがソニーReaderに対応するらしい。あそこはパナソニックだけでなくソニーも出資してるからね。でも販売している電子書籍がソニーのReaderストアとかわり映えしないのでは意味がない。むしろ少ないのではないかな。

対応端末を増やすのは結構だけど、その前に現在販売されている電子書籍全てを扱うようにしたら一気に人気が出るのではないかな。今のところパピレスを一番利用するのはパピレスが一番そこに近いところにいるから。

ただ小学館なんかパピレスだけ高い値段で出している。他はDRMがかかっているけどパピレスはDRMフリーだからね。わかっている人は高くてもパピレスを利用してDRM撲滅に向けて動くべきだ。違法コピー撲滅とDRM撲滅はそもそも根本的に違う方向を向いた動きだし、両立できることを示さなければいけない。

デバイスフリーという点ではパピレスより傘下のRenta!の方がよりいい位置にあるのかな。貸本ということになっているけど販売と同じ価格で無期限レンタルとか、サーバーにファイルを置いたまま購入というある意味では未来を先取りした形だ。端末を買い換えてもそのまま読めるし、ファイルのバックアップの必要すらない。日本で一番Kindleに近い位置につけているのがRenta!だろう。漫画主体で小説が少ないのが残念だが。

0 件のコメント: