2011年10月7日

iCloud と Windows Live

iPhone 4Sの登場に合わせて、iCloudが始まってiPhoneが更に便利になることになっているけど、実はWindows Liveなんかはもっと以前からiCloudとは比べものにならないほどの機能と可能性を提供している。しかもWindows携帯だけではなくてAndroidやiPhoneとでも組み合わせて活用できる。ただその使い方をうまく提案できていないんだよね。そこがアップルとマイクロソフトの違い。

ビル・ゲイツを超えるエンジニアはマイクロソフトにいる。だからビル・ゲイツ引退後もマイクロソフトは技術力が衰えたりはしていない。派手に世間をにぎわすことは少なくなったけど、着実に進化している。

それに対してアップルはどうか?アップル製品なんて、実は大したものじゃない。iPhoneなんてのもただの安物携帯。実際製造原価は安いしね。日本製の高機能スマートフォンのほうがはるかに多機能だし高性能だ。しかも製造原価に対する製品価格はかなり割高。

でもiPhoneはもてはやされる。それはなぜかというとバランス。使いこなせない多機能じゃない。物足りないほどコストダウンしていない。同じ性能なら、AndroidよりiPhoneの方が気持ちよく使える。ユーザーの気持ちよさ最優先に作られているというか、うまくバランスがとれている。

このバランス感覚はスティーブ・ジョブスだけのものなんだろうね。アップルにも優秀な技術者はいる。でもあの感覚を持ったリーダーはいないんじゃないかな。スティーブ・ジョブスの人生の最大の失敗は最後までリーダーシップを発揮したところ。アップル社の経営者としての後継者はぎりぎりになって指名したけど、あの感覚の後継者はいるのかな?

0 件のコメント: