2011年10月6日

Android iPhone登場

auからiPhoneが発売されるという噂はどうやら事実だったようだ。Android auの看板を下ろしたり、KDDIも色々大変だね。世間ではauのスマホはWindows Phoneも含めて一般にはAndroidと誤解されているのでiPhoneもAndroid iPhoneだ。世間の認識なんてそんなもんだよ。中にはスマホを総称してiPhoneと呼んでる人もいるしね。

auからiPhoneが発売されるということで、反ソフトバンク派はさっそく乗り換えると騒いでいるし、親ソフトバンク派はau版のほうが速度が遅いとか重箱の隅をつつくようにau版の欠点を探している。まだ料金プランもわからないのにどっちがいいかなんて判断つくわけない。

個人的にはiPhoneにはアップルのこうあるべきという使い方を外れると急に使い勝手が悪くなるという致命的な欠点があるから、おもちゃとしては高く評価するけど電話機としての評価は低い。いずれにしても、

2年縛りなし
パケット契約なし
SIMロックなし

という3つの条件が揃わないと欲しいとは思わない。毎年新製品が出るのに2年縛りなんてナンセンス。新製品が発表されたら乗り換える場合は契約縛りの対象外にしてくれたら縛りがあってもいいけど。ソフトバンクは規約上乗り換えは2年縛りの解約金はいらないけど、割引が解除されるので実質縛りがあるのと同じ。新製品が出たら契約期間にかかわらず今までの契約をクリアにして新規と同じ条件で新しいのに変えてもらえないなら縛りがあると言わざるをえない。

パケット通信はどうせモバイルルーター経由でWi-Fiを使うので3Gパケット通信は使わない。まったく使わないのに毎月最低料金がかかる現行のソフトバンク料金プランには魅力がない。ということで、au版のほうが速度が遅いとか言われている問題もまったく気にならない。

iPhoneにはドコモのSIMを入れたいのでSIMロックがかかっていると話にならない。これは個人的な事情だが、「ただとも」とのプライベートな通話用にソフトバンクの携帯電話と、仕事で使う用のauの携帯電話を持っている。メインの通話はこの2つでまかなうので、iPhoneは極端な話SIMなしでもいいくらい。現に旧機種はすでに回線契約を解約してSIMなしで使っている。

今は通話のできる回線はauとソフトバンクだけなので、大規模なトラブルが発生した時の予備回線として今持っていないドコモの通話回線も確保しておきたい。モバイルルーターがドコモ回線なのでドコモ以外の回線が止まってしまったという状況になってもSkype等で通話はできるにはできるのだが、その場合だとiPhoneには回線契約は必要ないな。

これだけの条件を求める以上ただで配れとは言わない。ソフトバンクは実質無料を宣伝しているが、実際にはソフトバンクに料金を払い続けなければいけない仕組みになっている。それよりは最初に正当な端末代金を支払って、それ以降は一切のしがらみから解放されたい。

0 件のコメント: