2011年10月20日

AmazonがKindle日本参入

AmazonがKindleを日本に投入するというニュースが流れている。年内ということだが、本当に年内かどうかは怪しい。何しろ交渉次第の面がある。

小学館と講談社は多分乗ってくるだろう。凸版系、DNP系のどちらの陣営にも電子書籍を提供しているからね。角川は自社でiPhoneアプリを作ってて全部自社でコントロールしたいみたいだからAmazonでは販売しないかもしれない。

Amazonだからと期待している向きも大きいようだがこればかりは版元が首を縦に振らない限りどうにもならない。実際AmazonのMP3ダウンロード販売は品揃えが悪すぎて欲しいものが買えない状態。日本最大のダウンロード販売であるiTunesだって欲しい曲が買えなくて結局CDを購入するはめになることがよくある。

Kindleも同様に取扱商品が少なければ魅力はない。少なくとも現在日本で流通している電子書籍はすべて扱ってもらわないとね。AmazonがKindleにこだわらず日本特有のXMDFや.bookを販売するなら少しは評価する。

いまだに紙の本を発売してから半年くらいは電子書籍化しないところもあるくらいで、電子書籍に対する期待はユーザーとハードウェアメーカーだけで、肝心のコンテンツプロバイダーのやる気が見えてこない。

音楽業界がCDの売り上げを落とした分インディーズバンドがライブやグッズ販売で売り上げを伸ばしたように、大御所作家や大手出版社が馬鹿にしているアマチュア作家がアマゾンのセルフパブリッシングで売り上げを伸ばす時代がくるかもしれない。

0 件のコメント: