2011年6月16日

ブログの文体を変更

ブログのデザインを変更したついでに、文体も変更してみよう。文体を変えるというのは、実は想定読者を変更するということだが。

ブログというのは広く世界に公開しているものだから、誰でも読める。全く面識のない知らない人が読むということだ。だから、初対面の人にするように、丁寧な言葉づかいを心がけていた。でもこれからは、いつも読んでくれている「知っている人」に向けて書こうと思う。だから、言葉遣いも砕けてくる。

だからといって閲覧制限をかけるとかそういう事ではないので、今まで通り知らない人も読める。だが、その人達のために書くのはもうやめて、その人達が勝手に読んでいるという姿勢に変わるということだ。実は、ブログデザイン変更にともなってバックリンクの表示をやめた。知らない人が勝手にリンクを張っているのは好きにすればいいという意味だったりもする。

このブログで扱ってきたTwitterやGoogleが面白くなくなってきたというのもある。Twitterは登場直後から追いかけていて、日本から登録できるようになってすぐにアカウント登録して使っていたが、これほどまで一般化すると追いかけるべき「新しいもの」じゃなくなった。Googleもかつての勢いを失った。もちろん、これからもGoogleのサービスは便利に使わせてもらうが、わくわくする新しいツールではなくて、淡々と利用する一般的なツールになったということだ。

追いかけるべきテーマがなくなったので今後は更新頻度が下がったり、くだらないことを書いたりするだろう。また何か、わくわくする新しいものが出てこないかな。

0 件のコメント: