2011年6月2日

7月13日よりSMSの相互接続が可能に

携帯電話のショートメッセージ (SMS) が、 7月13日からキャリア間の相互接続が可能になると発表がありました。

それに伴い、各社とも料金を改定し、送信1通3.15円、受信無料でほぼ統一するようです。イー・モバイルだけは他社より割安の料金を設定するようです。この料金は、パケット定額の対象外で、通話扱いとなり無料通話分に含まれるキャリアが多いようです。

ナンバーポータビリティでキャリアを変更しても電話番号は引き継げるようになったとはいえ、今や通話と並ぶ、いや通話以上に主要な通信手段となっているメールアドレスが引き継げないのがキャリア変更の大きな障害になっていましたが、 SMS が相互接続できるようになることでこの問題もある程度解消できそうです。

ドコモやソフトバンク、イー・モバイルは国際標準の SMS をベースにしているためシステムの相互接続だけですが、 au は独自のシステムのためかなり大幅な変更があるようです。文字数制限などは端末に依存する部分もあるため、完全な標準規格になるのは新機種だけのようです。

0 件のコメント: