2011年1月6日

イヤホン新調

もうずいぶん長いこと使ってきたオーディオテクニカのイヤホンがだいぶ痛んできたので、気分転換も兼ねて新調しました。フィリップスの SHE8500 です。聴き慣れた音のオーディオテクニカにしようか、それともフィリップスにしようか迷ったのですが、ポイント還元ということもあり、今回は今まで使ったことのないフィリップスにしてみました。

パッケージに入っている段階では気にならなかったのですが、パッケージから出してみると安っぽいですね。もともと使っていたオーディオテクニカの方も CK32 という安価なモデルでしたが、それと比べてもずいぶん見劣りします。 CK32 が高級品に見えるくらいです。

見た目はともかく、肝心の音ですが、第一印象はなんだか眠い音、というものでした。オーディオテクニカのような解像感は感じられません。これは失敗したかな、と思いながら少し音量をあげると、ずいぶんしっかりした音が出るようになりました。あまり小音量での再生には向かないようです。また、オーディオテクニカとおなじ音量で聴こうと思うとボリュームを少し上げなければいけません。

比較的ボリュームを上げて聴く人には向いていますが、私の好みには少し合わないようです。元々それほど期待していたわけではないし、使い方を間違えなければそれなりの音で鳴ってくれるのでこれで良しとしましょう。

0 件のコメント: