2010年6月22日

iBooks への期待と失望、電子書籍あれこれ

iOS4 がダウンロード可能になりました。もはや Kindle 専用端末と化した iPhone でも iBooks が利用できるようになるので期待を持ってアップデートしました。

結論からいうと、そこそこの出来だったが、失望もあった、というところです。

最大の問題点は、縦書きに対応していない点です。何が何でも縦書き、というつもりはありませんが、ある程度小さな画面で読む場合は個人的に縦書きの方がしっくりきます。逆に大画面だと横書きの方が落ち着くので、 iPad なら縦書きに対応しなくてもいいのですが、 iPhone はぜひとも縦書きに対応してもらいたいものです。

iBooks でも縦書きで作成された PDF ファイルならば、縦書きのまま表示することはできますが、縦書きにも関わらず左綴じになってページ送りが不自然です。かえって見づらい結果になってしまいます。

iPhone で読む電子書籍としては、今のところ Kindle の方が読みやすいようです。 iBooks はページ送りのアニメーションなどに凝って「紙の書籍」を再現するのに力を入れていますが、 Kindle は紙の書籍そのままにこだわるのでなく、より直感的な操作ができるように作られています。

Kindle は日本語の表示にすら対応していませんが、アマゾンは単に日本語の文字が表示できるだけでなく縦書きに対応するために時間がかかっているのではないでしょうか。

先日発表された「パブリ」は縦書き表示にも対応する電子書籍リーダーです。日本で一番普及していると思われる XMDF / .book の両形式に対応しています。 .book 対応の電子書籍リーダーはボイジャーからいくつか出ていますが、それぞれの出版社専用アプリとなっていて他の出版社の本を読むことはできません。パブリは書店ですから、対応する出版社すべての本を読むことができますが、他の電子書籍販売サイトで購入した電子書籍は読むことができません。

iPhone / Mac を離れると、 XMDF は Windows と携帯電話などのアプリで提供されている「ブンコビューア」を使えばどの電子書籍販売サイトで販売されたものでも読むことができます。携帯電話から購入するとキャリアの DRM がかかったファイルになりますが、 PC 版書店でダウンロードした XMDF ファイルは携帯電話でも読むことができます。

私は外出先で時間がある時に携帯電話で無料立ち読み版をダウンロードして、気に入ったら PC 版で購入してダウンロード、携帯電話に転送するとう方法をとっています。これならば携帯電話を買い換えても本を読めるし、 Windows PC でも同じ本を読むことができます。


現在のところ、日本語で書かれた縦書きの電子書籍を読むにはブンコビューアを超える使い勝手のものはないようです。 Kindle か iBooks が日本語の縦書き表示に完全対応するまでは、日本では iPhone は電子書籍を読むツールとしては十分とはいえません。

0 件のコメント: