2010年4月3日

SIMロック解除について考えてみる

総務省が携帯電話のSIMロック解除に向けて動いているということで話題になっていますが、SIMロック解除によって携帯電話がどうなっていくのか考えてみました。

auにとっては意味がない

auはSIMロック解除の反対の立場のようですが、auの携帯電話は電波方式が違うのでSIMロックを解除したところで他社のSIMを入れても使えないし、他社の携帯を持ち込んでもauでは使えません。つまりSIMロック解除には何の意味もないのです。

真にロックを解除するには、他社と電波型式を統一する必要があり、それは金額的にも無理な話です。もしそうなったら従来の携帯電話は使えなくなるということでもあり、ユーザーにとっても非常に困ることになります。

ドコモにとってはメリットもデメリットもない

ドコモの携帯電話はSIMや電波の形式はソフトバンクと共通ですが、周波数帯が一部違うためそのままでは使えないこともあります。しかしドコモはi モードなどの独自サービスによって囲い込みをしており、この部分が崩れなければSIMロック解除はどうでもいい話です。

SIMロック解除によって他社の端末を持ち込まれたところで、iモードやおサイフケータイなどのサービスは使えないし、ドコモの端末を他社に持ち出したところで同様です。だから「ユーザーの要望があれば解除する」というある意味ユーザーを馬鹿にしたような態度に出ることができるのです。

auにとってもドコモにとってもSIMロック以外の部分で他社製端末が使えないようになっているので、SIMロック解除などどうでもいい話なのです。

ソフトバンクにとっては大きなビジネスチャンス

いつもなら規制緩和推進派のソフトバンク孫社長がどういうわけか今回のSIMロック解除には「端末価格が上昇する」「今までのビジネスモデルが崩れる」などと反対の立場を取っていますが、私はソフトバンクにとってはSIMロック解除は大きなビジネスチャンスだと思ってます。孫社長が反対する理由が理解できません。

ソフトバンクの携帯電話は電波型式はもちろんSMS/MMSといったいわゆるケータイメールの部分も世界標準対応で、端末が日本語とソフトバンクの利用する周波数帯にさえ対応していればSIMロック解除だけで利用できます。

孫社長は「端末販売に対して報奨金を出せなくなるから端末価格が上昇する」といいますが、現在でも高い価格の端末を分割払いにして、契約とセットで分割払い分を値引きするというスタイルですから、他社製携帯を持ち込んでも契約側で値引きすればいいだけの話です。実際のところ、iPhoneが「実質ゼロ円」といいますが、値引き分を引いた2年間の端末料金で考えると、決して安いわけではありません。

そういう意味ではSIMロック解除によって2年縛りがなくなるかというと、全くなくならないでしょう。むしろ4年縛りとか5年縛りとか、もっと長期の契約を前提とした割安な料金プランや、他社製端末の購入代金補助も含めた乗り換え戦略が出てきてもおかしくありません。

SIMロック解除は単体で議論しても意味がない

いずれにしても日本の携帯キャリアはSIMロック以外の部分でも独自仕様を多く持っていますから(基本的にVodafon時代に国際標準準拠に近づいたソフトバンクでも独自仕様は多数あります)、SIMロック解除を単体で議論しても意味がありません。最低限絵文字も含めたSMS/MMS機能は統一しなければユーザーはSIMロック解除の恩恵には与れませんし、日本で主流の多機能端末ではあまり意味のないことです。

今後ユーザーにとってメリットあるとすれば、「通話とメールだけできればいい」という層が、ノキアやサムスンなどの安価な端末が利用できるようになることでしょう。ただ現状ではノキアやサムスンも日本市場のために日本語対応や各キャリア独自仕様に対応した端末を出してくるとは思えません。もちろん日本製端末を海外に持ち出しても海外のキャリアではせっかくの日本製のアドバンテージである多機能分は使えません。

現在の独自仕様の多い日本の携帯市場では、SIMロック解除を単体で抜き出して議論したところでユーザーにとってもメーカーにとっても何のメリットも見いだせません。しかし今後世界市場を視野に入れてメーカーやキャリアが規格統一を推進していくならば、将来的にはユーザーにとってもメーカーにとってもメリットがあることです。

もちろんSIMロック解除を含めた規格統一にはリスクもあります。特に競争力のないメーカーやキャリアは間違いなく淘汰されるでしょう。そういう意味では、いつもなら積極的にリスクを取って攻めの経営を行っている孫社長がSIMロック解除に反対するというのは、ソフトバンクがキャリアとして競争力がないと自ら認めているからだと考えれば納得がいきます。またキャリアとして自信を持っているからドコモはSIMロック解除に反対しないのではないでしょうか。

0 件のコメント: