2010年4月30日

Jobs にとってFlash はフロッピーディスクやシリアルポートと同じもの

アップルの Steve Jobs CEO が iPhone に Flash を搭載しないことについて意見を書いています。

長々と書いていますが、要は彼にとって Flash はフロッピーディスクやシリアルポートと同じもののようです。 iMac 登場時にレガシーデバイスを切り捨てたように、 iPhone では Flash は切り捨てるということですね。

ただ違うのは、フロッピーディスクやシリアルポートは複数の関連業者があり、関連業者もすべて CD や USB に移行する最中だったのに対し、 Flash は Adobe 一社の独占で、しかも Adobe は Jobs のいう新世代テクノロジーである HTML5 に全面移行するのでなく Flash も続けたいと考えているという点です。

だからこそ、 iMac 登場時には一時的にユーザーが混乱しても徐々に移行できたのに対して、 iPhone では Flash 廃止に対していつまでも論争が続くのです。

Adobe は商売上 Flash を生き長らせたいのは当然でしょう。そして Apple は既に過去のものと考えている Flash を早く切り捨てたいというのもまた当然のことです。解決策は、 Aodbe が Flash に頼ることなく自社の商売をうまくやっていくか、 Flash を旧世代のものでなく新世代のものとして生まれ変わらせるかということです。鍵は Apple ではなく Adobe にあるようです。

http://www.apple.com/hotnews/thoughts-on-flash/

0 件のコメント: