2010年2月11日

オリンパス PEN Lite は買いなのか?

オリンパスから PEN Lite E-PL1 が登場しましたが、はたしてこのカメラは「買い」なのでしょうか?

私はちょっと納得できない部分があるかな、と思っています。発表当初からあまり琴線に響かなかったので何も書いていませんでしたが、リクエストがあったので少し私の考えを書いてみます。

まず第一に PEN シリーズの廉価版ということですが、最高シャッター速度が1段遅いとか、サブダイヤルが省かれているとかありますが、スペック的にそれほど上位機種と変わらず、値段もべらぼうに安いわけではありません。

安いモデルを選ぶなら、パナソニックの GF-1 の方が実売価格が安く、セットのパンケーキレンズが明るいという利点があります。パンケーキ以外のレンズを使うとレンズがかさばってせっかくの小型軽量が生かせませんから、それだったらむしろ他社の APS-C サイズの一眼レフのエントリーモデルのほうが安くてレンズの選択肢も多いということになってしまいます。

マイクロフォーサーズのミラーレス機は、レンズを交換しながら撮影するとか、一般的な一眼レフのようにズームレンズを常用するとかではなく、好みの画角のパンケーキレンズを1本だけ付けてスナップカメラとして使うのが一番使いやすいのではないでしょうか。

私の場合はマクロレンズを多用するのでレンズがかさばるためマイクロフォーサーズのメリットは生かしきれません。それよりも一眼レフにマクロレンズを付けて、あとは交換レンズ代程度で買え、スペース的にも交換レンズと変わらないコンパクトデジカメを持ち歩く方が使い勝手はよさそうです。

先日 Bloggie を入手して感じたのは、ファインダーではなく液晶画面で撮影するならバリアングル液晶が便利ということです。それまでバリアングル液晶というのは使ったことがなかったのであまり意識していませんでしたが、液晶だとアイレベルでの撮影よりもウェストレベルでの撮影が便利です。

手持ちでのシビアな撮影ではしっかり支えるためにファインダーを使った撮影の方がいいのですが、気軽なスナップや、本格的な三脚を利用した撮影だとバリアングル液晶があると撮影の自由度が飛躍的に上がります。

最近では一眼レフでもバリアングル液晶搭載機種が増えていますが、私が次に手にする一眼レフボディは、きっとバリアングル液晶搭載モデルになることでしょう。

0 件のコメント: