2010年2月11日

Google Buzz の使い方を考えてみる

Google から新しいサービス "Buzz" が登場しています。 Gmail に統合された状態で使うものですが、いわば Google Talk を相手がオフラインでも使えるようにして専用クライアントを省いたものと考えたらよさそうです。

メールとメッセンジャーの中間のようなサービスですが、そういうものとして一番に思いつくのは Twitter であり、世間でも Twitter キラーとか言われて騒がれていますが、私はかなり違うものだと考えています。

Twitter は「ゆるいつながり」のコミュニケーションが特徴ですが、それを実現するのは実は「機能の少なさ」だと考えています。最低限の機能しかないから、使い方は無限だし使い手の好きなようにできるわけです。

Google Buzz には、発言にコメントを付加したり、関係ない発言をミュートしたりする機能が実装されています。 Gmail との統合という面もそうですが、機能が整理されているということは、おのずから使い方もそれにそったものになるということです。

言ってみれば Twitter は白紙のノートなのに対して Google Buzz はあらかじめ入力欄が印刷されたアドレス帳ということです。最初からアドレス帳として使う場合には入力欄が印刷されている方が便利ですが、電話番号一覧として使う場合と、顧客台帳として使う場合では必要なフォーマットが異なってきます。白紙のノートだとどちらにも対応できますが、フォーマットを自分で考えなければいけません。

私は Google Buzz のフォーマットは、限られたメンバー間のコニュニケーション手段が主体で、一般公開よりは限定公開の方が真価を発揮するのではないかと考えています。

そういう意味では、 Google Apps の Gmail に Buzz が実装されて、社員間でのコミュニケーションに使えるようになるとかなり便利になるのではないでしょうか。

0 件のコメント: