2010年1月28日

アップルの新製品はiPad

アップルから噂の新製品が登場しました。製品名は事前予想だと iSlate だの iTablet だの言われていましたが、 iPad が正解だったようです。

製品名は予想を大きく外れましたが、内容としてはほぼ事前予想通り「大きな iPod Touch」といった形態です。価格は事前予想よりも安かったのが嬉しいところですね。

ハードウェアスペックで言えばこれからの時代 1024×768 ではなく AVCHD Lite 対応の 1280×720 にしてほしかったとかいろいろありますが、アップルの魅力はそういう部分ではありません。もともと初代 Macintosh のころからハードウェアの魅力ではなく、搭載コンテンツの魅力がアップルの魅力だったのです。

そう考えると iBook の全容がわかるまでは iPad が魅力的かどうかはわかりません。北米では多くの出版社が対応しているようですが、日本では Kindle 同様対応出版社がほとんどないとなると、日本で使うには iPad は魅力のないものになってしまいます。 GSM/Edge にしか対応していなかった初代 iPhone のように。

それ以外の部分では、今回発表された iPad は B5 サイズだけですが、紙の書籍は新聞のような大判のものから、文庫本のようなポケットサイズのものまで様々なサイズが有ります。持ち歩くことこを考えると今の B5 サイズがほぼ上限として、それよりも小さくて iPhone よりも大きいサイズ、例えば A5 サイズとか新書やペーパーバックの大きさの iPad が登場することも予想されます。

相変わらずアップルの新製品は魅力的ですが、現実的には次世代まで待つのが懸命でしょう。しかし発売後すぐに買って見せびらかすのも初代機ユーザーの特権ですから、どちらを選ぶかはあなた次第です。

0 件のコメント: