2009年12月4日

GoogleがDNSにまで手を出した

Googel Public DNS というものがスタートしています。

通常 IP アドレスを引くための DNS は、 ISP から提供されたものをそのまま使いますが、それを Google 提供のものに変えるメリットはどこにあるのか。 Google によると、それはスピードアップとセキュリティにあるといいます。

スピードアップはそのとおり DNS の性能如何ですが、セキュリティに関してはどうかというと、 DNS を乗っとられて正しく URL をタイプしても悪意あるサイトの誘導されることを防ぐ技術ということです。

ドキュメントをざっと読んだところ、恣意的なこと、例えば悪意あるサイトをブロックするようなことはやっていないようです。いくら善意に基づくものとはいえ、それはセキュリティソフトでやるべき事で DNS は正しく URL と IP アドレスを変換することが仕事だと考えますから、この部分に問題があれば使うべきではありません。

以前から Google Chrome ブラウザでは DNS プリフェッチとかの技術を使っていましたから、このあたりからの流れなのでしょう。

ちなみに、 Google Public DNS の IP アドレスは 8.8.8.8 と 8.8.4.4 です。試しに使いたい人はどうぞ。

0 件のコメント: