2009年10月13日

万年筆愛好家にはほぼ日よりモレスキンが似合う

モレスキン(モールスキン)/MOLESKINE ポケットシリーズ
私もそうですが、万年筆、それも太いペン先にくすんだ色のインクを好むようなタイプの人にはほぼ日手帳よりは moleskine の方が相性がいいようです。

罫線にとらわれず自由に書きたければ無地のものもあるし、日付入りダイアリーではなく単なる手帳に日付を書いて好きなように書けば日によって書きたい量が違っても問題ありません。何よりも万年筆との相性がいいのです。

ほぼ日手帳はブロガーの間でも人気ですが、どちらかというと万年筆よりは、細字の中性ボールペンを何色も使い分けて書くような人の方が合っている気がします。

最近ではスケジュール管理は紙の手帳ではなく電子機器で行う人も増えています。私も Google Calendar を使って、 CalDAV 対応の機器と同期をとりながらスケジュール管理をしています。予定がしばしば変更になったり、他人の予定と照らし合わせながら予定を立てていく作業などは紙の手帳よりはコンピュータでスケジュールを管理した方が便利です。

しかし純粋に文字を書くことを楽しんだり、長く残しておきたい行動記録をつけるには、紙の手帳の方が適しています。私は moleskine を好んでいますが、愛用のペンの種類によって使いやすい手帳というのが決まってくるのではないでしょうか。

モレスキン(モールスキン)/MOLESKINE ポケットシリーズ

0 件のコメント: