2009年9月7日

Switching to AVG from Zero: セキュリティソフトを AVG に変更

Windows 機のセキュリティソフトをウィルスセキュリティゼロから AVG に変更しました。

もともとウィルスセキュリティを使っていたのは私がメインで使う端末ではないから。年に一度とはいえ更新手続きのメッセージが出るのが鬱陶しかったので、更新手続きの必要ないウィルスセキュリティを利用していたのです。

迷惑メールをサーバー側で処理するようになってからウィルスに遭遇したことはないし、念のため他社のオンラインスキャンで確認してもウィルスセキュリティがとり逃しているようなこともなかったので特に不満はなかったのですが、 ちょっと気分を変えるために AVG に変更してみました。

もちろん更新手続き不要というのが重要なポイントですから、選択肢は限られます。ウィルスセキュリティは総合セキュリティソフトなのでファイアウォールなどもついてますが、ファイアウォールはルーターにもあるし、 Windows にもあります。そういう意味では必要なのはウィルス対策だけなのです。

AVG をインストールするにあたって、競合するウィルスセキュリティのアンインストールが必要ですが、ウィルスセキュリティは再起動なしでアンインストールが完了して、しかもオプションで再インストールのための登録情報を保存することもできます。

かつてはアンインストールに失敗するとシステムの初期化しかなかったウィルスセキュリティですが、今では強制削除ツールもあるし、インストール時も競合するセキュリティソフトを自動アンインストールしてくれるなどずいぶん親切になっています。後は単体でウィルス対策だけを切り離して使うことができない点だけが不満ですね。

さて、新しくインストールした AVG ですが、基本的に何も変わりません。ウィルスに遭遇しなければ何をやっているのかわからないのがセキュリティソフトの理想ですから、今までと変わらないということは良いということです。

少し使ってみた限りにおいては、軽さを実感することはできませんでしたが、今までも重くて困っていたわけではないので劇的な改善は望めないのでしょう。

しばらく AVG を使ってみて、不都合がなければ使い続けることにしましょう。

0 件のコメント: