2009年7月13日

General election will be held: 総選挙を前に政治関連サイトをまとめてみました

いよいよ総選挙が近づいてきました。このタイミングで、 Google は、衆議院議員に立候補する予定の人に質問することができる「未来のための Q&A」というサイトを立ち上げています。

以前から政治関連ポータルを立ち上げていたヤフーに加えて、楽天も先日「Love Japan」を立ち上げ、さらに Twitter には何人も政治家が参加するなど、インターネットを使った市民参加型の政治サイトが盛んになっています。 Wikipedia では「Twitter 議員」というページがあり Twitter を利用している議員の一覧がありますが、それ以外にも「Politician.jp」でも Twitter を利用する議員の一覧がまとめられています。また、「ぽりったー」では Twitter 上での政治家の発言を一覧することができます。

現行の公職選挙法では、選挙期間中のインターネットでの選挙活動は禁止されており、実際に選挙が始まるとこれらのサイトでは候補者の新たな発言を見ることができなくなります。いずれはインターネットを使った選挙活動も解禁されてしかるべきだと思いますが、インターネット接続環境のない人との不公平を解消する手段など、問題は多いと思います。

現状では、橋本岳議員の「選挙とtwitterについて確認。今の予定だと8月18日の公示日以降30日投票日まで、候補者は発言を控えます。おかしいとは思うけど。」(http://twitter.com/ga9_h/status/2609455397)という言葉がすべてを物語っています。現職の議員も疑問を持っている制度ではあるけれど、政治家である以上、いや国民である以上違法行為は許されない、ということです。

以下に政治関連サイトをまとめておきます。選挙が始まると候補者は一切インターネット上での発言ができなくなりますから、気になることはそれまでに候補者に直接確認できる手段を利用しましょう。とはいえ、総選挙を前に皆さん多忙を極めるでしょうから、必ずしも返事がもらえるとも限りません。むしろ返事を期待するよりも、意見を述べるだけにとどめておいた方が効果的な利用ができるかもしれません。

Google 未来のための Q&A http://moderator.appspot.com/#16/e=9df89
Yahoo!みんなの政治 http://seiji.yahoo.co.jp/
楽天 Love Japan http://seiji.rakuten.co.jp/
日本インターネット新聞 ザ・選挙 http://www.senkyo.janjan.jp/
wikipedia Twitter 議員 http://ja.wikipedia.org/wiki/Twitter議員
Politician.jp http://politician.jp/
ぽりったー http://politter.com/

0 件のコメント: