2009年7月1日

最後までサービスのことに気をかけてくれるありがたいユーザーのために退会フォームは用意すべき

昨日のことだが Twitter で web サービスの退会機能のことについて話題になった。

たいした情報を預けているわけではないし、サービス提供者にスパム送信などの悪意があったとしたら退会したところで何も解決するわけではないので退会機能には意味がないという意見もあった。個人情報の管理という観点では全くその通りだろう。

しかしそれでも私は退会機能は必要だと思う。それは退会を希望するユーザーは最後までサービスのことを気にかけてくれるありがたいユーザーだからだ。そういうユーザーは必要がなくなったから利用をやめるわけだが、また必要が生じれば利用を再開してくれるかもしれない。

以前退会機能を持たないサービスの開発者に対して退会機能が必要だということを説いたときに「こんなすばらしいサービスを退会する必要はない」という自分のサービスに対する意味のない自信を根拠に退会機能の必要性を否定されたことがある。しかし世の中にシェア100%のサービスがあるだろうか。法律で決められた一部のサービスを除けば存在しないだろう。自由競争であれば人気があれば必ず競合他社が出てくるもの。

気軽に試して気軽にやめることができるならば、試してみた人の何割かは気に入って使い続けてくれるだろう。しかし気軽に試せるがやめることはできないといしたら、それを本当に「気軽に」試せる人がどれくらいいるのだろう。無料だからやめなくてもいいという理屈ではなく、無料だからこそ入会の敷居をさらに下げるために退会機能が必要だと思う。

実はここ Posterous にも退会機能がない。アカウント作成の必要がないのだから削除の必要もないということなのだろうが、やめるときには過去のデータを全部手動で消さなければいけない。せめて一括で削除できるようにしてほしい。これを書きながら、本気で他のサービスへの移転を考えている。

0 件のコメント: