2009年7月21日

Always display external content sent by trusted senders: 信頼できる相手からの画像は常に表示 (Gmail)

Gmail のメール中での外部サイトの画像表示の扱いが変わりました。

従来は外部サイトの画像についてはあらかじめ表示するかどうか確認して、その場限りで表示を許可するか、その送信者からのメールに関しては今後表示を許可するかを選ぶようになっていましたが、新しく信頼できる相手からのメールに含まれる画像は自動表示するよう選択することができるようになり、それが初期設定になっています。

信頼できる相手というのは、少なくとも2回メールを送ったことのある相手からのメールで、送信者認証技術の SPF または DKIM によって認証されている相手ということだそうです。

もちろんそれ以外のメールに関しても、従来通りその場限りで表示するか、その送信者からのメールは常に表示するか選ぶことができます。

この変更は、 Google Apps の Gmail でもすでに有効になっているようです。

0 件のコメント: