2009年6月26日

iPhoneこそがガラパゴスケータイ

世の中が iPhone 3GS の発売で浮かれているときにこういうネガティブな記事を書くのは気が引けるのだが、 iPhone の今後のためにはぜひとも書いておくべきだと思うので書いておく。

iPhone というのは買ってきてもそのままでは使えない。これは以前から知られていることなので、ユーザー以外もわかっている人は多いと思うが、 iTunes でアクティベートが必要なのだ。

さすがに、 Mac でしかアクティベートできないというわけではなくて、 Windows マシンでも iTunes をダウンロードすればアクティベートできる。しかし、コンピュータとインターネット回線が必要というのは避けようがない。

iPhone は単体でかなりのことができる。今までの携帯電話の比ではない。だとすれば、これからはパソコンなんて持たなくても iPhone だけで十分、と考える人がいてもおかしくないし、多くのライトユーザーがそうであるように、主に情報を受信する一方でそれを加工したり発信したりしない使い方であればすでに iPhone の機能で十分だと思う。

だからこそ、 iPhone は単体で利用できるようにならなければ真価を発揮しない。 iTunes Store への接続が必須であるなら、 iPhone から直接アクティベートできるようにしたらいいだけのこと。

iPhone ユーザーは日本の携帯電話のことを「ガラパゴスケータイ」などと揶揄しているが、このままでは iPhone こそがガラパゴスケータイになってしまう。

iPhone で情報を受信して、ポケットに入らないコンピュータで情報を加工したり発信したりする人にとっては接続できるということは当たり前だし便利なことだが、そこまでの使い方をしない人にとっては「接続しなくてはいけない」というのは不便なだけ。

私は iPhone の存在を否定するつもりはないし、すばらしいものだと思う。だからこそポケットに入らないコンピュータのと接続をやめて、「ポケットに入るインターネット」としての真価を発揮してほしい。

0 件のコメント: