2009年6月18日

Brand new Twitterfeed launched

Tiwtterfeed が大幅に変更されました。

まずログイン方法が従来の OpenID から、一般的なアカウント作成と OpenID のどちらかを選べるようになっています。

ログイン後の画面は、特に大きく変わっています。従来に比べてグラフィカルになりましたが、フィードの一時停止、再開などは一覧画面から操作できなくなり、個別設定画面に移動する必要があります。頻繁にフィードの一時停止や再開をする人には不便になりました。

そのかわり、一覧画面で、リンクのクリック数や Feedburner のステータスも表示されるようになりました。ただし、このステータスは新画面に変更されてからフィードの配信があった場合に限られるようです。

信頼性も大幅に向上したとのことです。従来は時々更新が止まることがあったようですからね。ただ、サイトのレスポンスはまだ快適とはいえないようです。

Posterous や Tumblr など、最近では更新情報を直接 Twitter に送信できるサービスも増えています。先日は Flickr もその仲間に加わりました。

そんな中で、単に Twitter に更新通知を送るだけのサービスでは生き残れないと考え、このような機能充実を図ったのでしょう。

2 件のコメント:

KAMINO Aki さんのコメント...

http://twitterfeed.com/dashboard ではなく http://twitterfeed.com/feed/list にアクセスすると以前のUIが利用できますね。単なる消し忘れかわざとなのかはわかりませんが試しに配信の一時停止ボタンを押したところ http://twitterfeed.com/dashboard に飛ばされました (ちなみに停止は出来てました) 。

Hit さんのコメント...

以前の UI といっても新デザインになっているのでわざとっぽいですね。旧 UI の方がフィードの URL が見えるし直接操作できる項目が多いので私は好みです。

それに新しい dashboard は文字化けするし Feedburner の API 呼び出しに失敗するし完成度が低い気がします。