2009年6月1日

ゆびとまが香ばしいことになっている

ゆびとまがおよそ一ヶ月にわたってサービス障害になっているので、今年はじめの Doblog 事件の再来か、という憶測が流れ出していたが、さらにややこしいことになりだしたようだ。

Doblog の時は運営会社が NTT データということで、幕切れはなんだか後味が悪かったけど預けた個人情報がどうとかいう心配はあまりされていなかったようだ。しかしゆびとまは今までにも経営陣が二転三転したり、色々あったからそういう心配もあるようだ。

ところがここにきて、「ゆびとま再建委員会」なる組織が出てきた。複数の企業とヘビーユーザーによって構成された組織らしいが、実態がわからないから憶測が憶測を呼ぶぞこれは。

これは金になると踏んだ企業が、一部の世間を知らないユーザーをだましたのか、したたかなユーザーが企業を動かしたのか。どういう企業がからんでいるのかわからないから何もわからない。

詳しいことを報告しないとどんどん勝手な推測が一人歩きすると思うけどね。よくわからない組織から詳しいことは抜きに安心しろといわれてもそれが一番不安なんだよ。

ま、私は Doblog のとき同様外野だから、野次馬根性丸出しで見守ることにしよう。

0 件のコメント: