2009年5月25日

TwitterのDMは誰にでも見られる可能性が常にある

Twitter Japan がプレゼントの当選者に対して DM するはずがミスで D を全角にしてしまったために公開メッセージとして扱われてしまったようで、一部の人が騒いでいるみたいだね。

単純なミスなんだけど、 Twitter のように公開が前提なものに対して隠すフラグをつけるようなシステムでは、ユーザーの操作ミスであれ、システムの設定ミスであれそれが公開されてしまう可能性は常にある。ブログの非公開設定も同じだけどね。

だから、こういうのは一部の人にしか見せないような設定であっても常に公開前提で、誰に見られても困らないような内容を書くことを心がけた方がいいと思う。たとえシステムが問題なく機能していても、受け取った人が勝手にコピーしてばらまく可能性だってあるわけだし。

今回のは操作ミスという以前に、当選者の発表方法に問題があったのではないだろうか。フォローしてもらっていないと DM 送れないわけだし。最初からプレゼント応募専用アカウントを作って、そのアカウントをフォローすることで応募とかにするとよかったのではないかな。

0 件のコメント: