2009年5月4日

結局全部Twitterに食われちゃったんだよね

Twitter ずいぶん広がったよね。いろんなものが Twitter に食われちゃった。

例えばフィードアグリゲータ。いろいろなフィードを集めて一カ所に集めるとか一時期流行ったけど、今は全部 Twitterfeed 使って Twitter に流してる。フィードを集約するプロフィール系のサービスもいらなくなったね。

例えばコメントシステム。 Discus とか TypePad Connect とかでてきたけど、今はコメントは Twitter へ、というのが主流。 Posterous なんかだと自前のコメントシステムが Twitter にコメント通知してくれるもんね。

写真共有なんかも変わったね。本格的な作品展示みたいなのは別にして、携帯カメラで気軽に撮って気軽に送信するようなのは Twitter と連動してないと使い物にならない気がしてきた。初期の頃のは写真を投稿したら Twitter にリンクを送信するだけだったけど、新世代のはコメント通知も Twitter だし、 Twitter の友人関係を反映してくれるのもある。

本当に Twitter のひとり勝ち。でも Twitter のいいところは、独占じゃなくて、周辺サービスと共存できているところ。単独のフィードアグリゲータサイトはもう使わないけど、 Twitter にフィードを送信するために Twitterfeed は広く使われている。

周辺サービスを含めて全部自前でやろうとしたらよほどの巨大企業じゃないとできないし、全部独占してしまうとあそこまでフレキシブルなものはできなかったと思う。コアな部分だけ提供してまわりをフリーにしたのが勝因だろうね。

できた当初からおもしろいものになるとは思っていたけど、ここまでになるとは思っていなかった。読みが甘かった。断然おもしろくなってきたのは外部サービスが増えてきてからだもんね。

でもね、 Twitter って Odeo の思想を受け継いでいると思う。人々のコミュニケーションの主軸が電話から SMS に移っていったように、 Odeo から Twitter へと変貌していったんだろうね。

0 件のコメント: