2009年5月4日

Setting a location by Japnese post code

最近では写真に位置情報を追加するサービスも増えてきましたが、困るのは位置の特定方法です。

iPhone などの GPS 搭載機種では、 GPS を使って位置を特定して位置情報を送ることのできるものもありますが、そうでなければ何らかの方法で現在地を知らせる必要があります。

そうなると地名を入力することになるのですが、あやふやな地名だとうまく行かなかったり、同じ名前の別の地名が表示されたりすることもあります。

そんなとき便利なのは郵便番号です。北米では以前から位置を特定するために郵便番号が広く使われており、位置情報を付加するサービスでは郵便番号だけで位置が特定できるものが多くありました。

今日試してみると、多くのサービスで日本の郵便番号も使えるようになっています。 Google Maps のエンジンを使っている Picasa Web Albums, Twitxr, Brightkite などはいずれも日本の郵便番号で位置を特定できます。 7 桁の郵便番号をハイフンなしでも、ハイフンを入れて入力してもいずれでも大丈夫です。また、 Yahoo の Fire Eagle でも日本の郵便番号が使えます。

自宅の郵便番号はともかく、外出先で郵便番号などわからないことも多いですが、住所がわかれば郵便番号検索という方法もあります。観光施設などでパンフレットに所在地の記載があれば、郵便番号も書いてあることがほとんどです。数字だけなので文字化けの心配もしなくていいし、確実に位置を特定できる方法として郵便番号という手段も覚えておいて損はないでしょう。

0 件のコメント: