2009年5月27日

どういう意図があってGIGAZINEはこの時期に楽天を叩いているのだろうか

GIGAZINE に楽天が個人情報を売っているとかいう記事があったけど、例の薬のオンライン販売云々の問題のさなかに楽天を叩くというのはどういう意図があるんだろうか。

オンライン販売の問題で反楽天の立場だから?それともどこかから金をもらった?あるいは情報をつかまされて踊らされているだけ?単なる安っぽい正義感で書いたのがたまたまこの時期だっただけ?

実は全然関係ないことなのかもしれないけど、時期が時期だけに気になってしまう。まあ GIGAZINE なんてゴシップ紙みたいなものだから、適当に読んで終わりだけどね。少なくとも私の中では重要ニュースソースにはなっていない。娯楽。まあこうやってくだらないことを書き散らかすネタになってくれるから、それで十分なんだけどね。

で、楽天が個人情報を売っているとかいう話。あるかもしれないね。でも他もやってるでしょ。私はそう思う。だいたいクレジットカードなんか関係ない会社から「カード会員の皆様へ」なんて DM が来るってことは個人情報売ってるってことに他ならない。楽天なんかスパムフィルタで弾けるしょーもないスパムでしょ。どうでもいいじゃん、そんなもの。その見返りとしてポイントをもらってるわけだしね。

楽天に限らず、ポイント会員ってそういうもの。個人情報の中でも消費指向とかそういうものも含めたマーケティングに便利な情報をさらけ出す代わりに、ポイントをもらっているんだよ。それがいやなら会員なんかにならずにいつでもニコニコ現金払い。これしかない。

セブンやイオンなんて電子マネーでポイント還元するより現金で定価売りの方がお金がたくさん入ってくるのにどうしてそういうことをするかというと、年齢や性別がちゃんとわかっている人の消費行動をトラッキングできるツールだからだよ。だからといってセブンやイオンが個人情報を売っているとは思わない。そんなことをするより統計情報を自社のマーケティングに生かす方が価値があるから。売るにしても個人情報よりもまとめて統計情報にしたものの方が価値が高いしね。

個人情報を生データのまま流すようなところは統計情報としてまとめる力がないレベルの低いところだね。楽天くらいになればそのくらいできそうなもんだが、テナントの店舗はそこまでできないだろうね。

だからといって楽天の肩を持つつもりはない。薬のオンライン販売の問題なんか、オンラインで薬品を買いたいユーザーの立場どころか、既得権益を守りたい既存業者の立場だってあの場では無視されて、委員会の出席者のメンツだけが大事な印象がある。部外者が外から見ていると。

0 件のコメント: