2009年4月15日

Using descriptive URL of Google profile

Google Profile では、各ユーザーのプロフィールを表示するための URI として
http://www.google.com/profiles/ 
の後ろに 21 桁の数字を付加した URL を使用してきました。これによって、 URL を知らされた人だけが容易にプロフィールを閲覧することができて、それ以外の人は簡単にはプロフィールページに到達できないようになっています。

プロフィールは個人情報ですから、闇雲に公開したくない人もいるでしょう。しかし、 web に公開する以上より多くの人に見てほしいという人もいます。そのために、 Google では以前からプロフィール情報のうち登録してある氏名を検索対象にするオプションを用意していました。

今回、それに加えて前述のわかりにくい URL の代わりに、 21 桁の数字ではなく Gmail のユーザー名を使った URL を使用できるようになりました。例えば、私のプロフィールなら
http://www.google.com/profiles/h.okano
です。これで公開したくない人だけでなく、積極的に URL を公開したい人にも使いやすい仕様になりました。

ただ思うに、公開したくない人はたとえわかりにくい URL であったとしても情報を入力すべきではありません。

0 件のコメント: