2009年4月5日

ログイン画面で入力フィールドに勝手にカーソルを移動させるUIは最悪なのでやめてほしい

サイトにログインするためだけの画面に移動したときに、ユーザー名の入力フィールドに勝手にカーソルを移動させられることがあるけど、これは迷惑なのでやめてほしい。

最悪なのはログイン画面に flash 広告が表示されるケース。ユーザーがそのページにアクセスする目的はログインするためであって、広告を見るためではない。だから広告が表示される前であってもログインフィールドが表示されたら入力を開始する。広告の読み込みに時間がかかるならなおさらのこと。

その後、パスワードの入力にかかったところで、広告の読み込みが終わってカーソルが勝手にユーザー名の入力フィールドに飛ばされる。そして入力しつつあったパスワードは、パスワード入力フィールドではなく、ユーザー名入力フィールドに可視状態で入力されてしまう。これは最悪。

もちろん、サーバーのレスポンスからローカルのネットワーク状態、さらにはユーザーのマシンの性能まですべてに責任を持って瞬時に画面を表示してくれるなら親切なのだが、実際には彼らはユーザーの環境など知らん顔をしている。それどころか自分のところのサーバーのレスポンスが悪かってもそれでパスワードを他人に見られた責任を取ってくれるわけではない。

だったらよけいなことはしないでほしい。

ログイン画面だけでなく、マイクロブログのように入力フィールドとログの表示画面が混在しているページも同じこと。そのページにアクセスするときは必ずしも入力しようとするときではなくて、ログを閲覧しようとしている場合だってある。それなのにスペースバーで画面をスクロールさせようとしても入力フィールドに空白文字が入力されるだけ。

Web 制作者に限ったことではないけれど、なんでみんなよけいなおせっかいが好きなんだろう。

0 件のコメント: