2009年4月25日

シグマDP2の解像度の高さにクラクラきてしまった

シグマDP2いいね。実機をさわったわけじゃなくてサンプル画像を見ただけだけど。DP1のときは広角レンズというのもあってそこまで思わなかったけど、DP2は準標準だから好みに合ってる。

銀塩の頃には、こういうカメラっていくつかあったわけですよ。そんなに数は多くなかったけど、一社だけってことはなかった。一眼レフもコンパクトも同じフィルムが使えたからね。

単焦点好きの私としては、DP2がもっと売れて各社ともこの分野に参入してほしい。当時やってたのはコンタックスにニコン、ミノルタかな。あとコニカとフジも気合いの入ってたの出してたな。でも当時やってたメーカーで残っているのはニコンとフジだけなのか。コンタックスは京セラが完全撤退したからどうにもならない。コニカとミノルタは合併してソニーが買収したからソニーに期待したいところだけどメモリースティックはやめてほしい。

ズームレンズも可、ということでいくつか実写サンプルを見てみると、フジのF200EXRはなかなかいいね。ただし解像度優先モードに限るけど。それ以外のモードだと悪くはないがまあこんなものかな、という程度。一眼レフのサブカメラとして使うと見劣りしてしまう。フジは昔から過剰演出なんだけど、さすがに最新モデルではずいぶん不自然さがなくなってる。本当は解像度が他と比べて格段にいいわけじゃないんだろうけど、すごくいいように見える。

リコーのCX1は思ったほどでもなかった。コンパクトカメラとしてみると優秀だけど、今ある手持ちのコンパクトカメラからわざわざ買い替えてまで欲しいとは思わなかった。過剰演出しないで小さな撮像素子の限界、といったところかな。

あと意外だったのがペンタックスのA40。全然目立つモデルじゃないんだけど、びっくりするほど良かった。メーカーが用意している実写サンプルだからこれ買ってもこの通り撮れるというわけでもないけれど、ポテンシャルの高さを感じた。これ実売価格がかなり安いのですよ。決して最高級モデルじゃないのにこの写り、素晴らしい。

この中でどれか買うか、といわれたら、今は買わない。オリンパスがマイクロフォーサーズに17ミリのパンケーキつけて出してくるかもしれないからね。DP2の最大のライバルになるというか、シグマよりオリンパスのレンズの方が写りが好きだから、パンケーキつきのレンジファインダーライクなマイクロフォーサーズ機が出てきたらこっちが本命。

0 件のコメント: