2009年4月26日

DP2ってかなり注目されているんだね

シグマ DP2 についてちょっと書いてみたらアクセス急増。そのエントリだけめちゃくちゃアクセスが増えている。

Analytics によると Google のオーガニック検索からきているみたいだね。 Posterous は Google Reader のクロールも Blogger 並みにエントリ書いたらすぐにやってくるし、なかなかよろしい。

で、肝心の DP2 なんだけど、 AF はちょっと弱いみたいだね。それにボディの質感の低さは現物を手に取るまでもなく明白。うまく決まったときの画質だけに特化したカメラというか。それはそれでツボにはまった人には最高のカメラなんだけど、決して万人向けではない。

私も万人向けのカメラが欲しいわけじゃないんだけど、残念ながらちょっと外れている。確かにアウトプットの画質は魅力だけど、道具としてどうかというと、私が求めているのは露出制御やフォーカスはカメラに任せて、構図に集中できるカメラ。

構図の中にはフレーミングやライティングだけでなく被写界深度も含むから、本当は選択肢を広げるという意味で F1.4 、せめて F1.8 のレンズが欲しかった。

シャッターチャンスを逃さないためにも AF は速くて正確なのがいい。さらに欲を言うと、絞り込んだときには被写界深度が稼げるから精度よりもスピード優先で、精度が求められる絞り開放のときには多少スピードを犠牲にしても限界まで高精度を発揮できる AF とかあればいい。

そのへんをね、納得いくまで手動で選べる、というのもマニア心をくすぐるものだけど、コンパクトカメラではシャッターチャンス優先というのも大事だから。全自動でうまく制御してくれるというのはかなり重要。最近のコンパクトカメラでよく採用されている自動シーン判別という機能もシャッターチャンス優先という考え方からするとかなり欲しい。もちろん実用になるのが前提だけど。

シャッターチャンス優先という点では、恐ろしく解像度の高い広角レンズを絞り込んでパンフォーカス、シャッター速度はぶれにくい程度に高速で固定、露出制御は撮像素子の感度調整でやってフレーミングはあとからトリミングとか、そんなカメラもありかな。今の技術じゃ難しいだろうけど。

0 件のコメント: