2009年4月27日

ところで地デジの新キャラに関する費用は誰が負担するの?

日本では地デジ普及のイメージキャラクターが酔っぱらって全裸になったとかで、イメージキャラクターを降板させられて、どこかの大臣がいいたい放題言って苦情続出、すぐさま前言撤回とか色々騒ぎになっているね。

タレントが酔っぱらって全裸になったのははっきりいってどうでもいい話。有名人だから話のネタとして大変おもしろいというだけ。私もこの話題でひとしきり楽しませてもらったしね。特に悪役キャラじゃなくていい人キャラのタレントがやったからよけいおもしろかった。

それに対して大臣はいただけなかったね。批判するのはいいよ。現行犯逮捕されたんだし、やってはいけないことをやった人に対して、いけないことをいけないというのは何ら悪いことではない。でもね、ちょっと苦情があったからといって前言撤回はね。悪役キャラならそれを貫かないと。酒に酔って前後不覚になるより酒を飲んでもいないのに分別がつかない方がよほど悪質だと思うぞ。

まあだからといって大臣やめろとはいわない。それは次の選挙で有権者が決めることだから。あの人うちの選挙区じゃないのか。判断に参加できないや。

それよりも私が問題視するのは、今回の騒動で地デジのポスターを差し替えたり、 CM を作り直そうとしているけど、それにかかる費用は誰が負担するの?ということ。大臣が私財を投じて負担するのなら悪口雑言の限りを尽くしたところで気の毒だから許してあげよう。でもそうじゃないんでしょ。

まさか、国民の税金から負担したりしないだろうね。タレントや所属事務所に損害賠償請求するにしても、それによって彼らから得られるはずだった税収が減ったとすれば、回りまわって国民に負担がかかってるってことだよ。

東京都が下水道局のワッペンを作り直して税金の無駄遣いをしたとか話題になったばかりだし、ここは無駄を省いて、地デジのキャラクターなんかやめてしまえばいいのに。取材のたびに「地デジのイメージキャラクターが問題を起こしたから宣伝できなくなった」と言って回れば、それで十分宣伝になるんじゃないかな。お金かからないし。あなたがイメージキャラクターになればいいんだよ、総務大臣。

実は地デジの宣伝効果としてはイメージキャラクターが酔っぱらって全裸になったことが一番効果があったりして。

0 件のコメント: