2009年3月27日

Twitter agreed with Vodafone UK

Vodafone UK ユーザーが、 Twitter からの SMS を受信できるようになりました。

一時期は全世界で(キャリアが国際 SMS に対応していれば) SMS による Twitter の受信ができていたのですが、ユーザーの爆発的な増加に伴うコストの増大によって北米以外での SMS 受信はできなくなっていました。

ここにきて英国 Vodafone での SMS サービスを復活させたということは、キャリア側が Twitter サービスが利用できることが価値があると認めたということなのでしょう。 Twitter は通常の SMS 料金を払っていたのではコストがかさみますから、特別契約のはずです。それでもキャリアが Twitter が利用できることの方が価値があると認めたということです。

日本でも Twitter ユーザーが多いので国際規格の SMS に対応しているソフトバンクあたりが「Twitter つかえます」という宣伝文句のために Twitter SMS に対応してくれるとうれしいですね。

0 件のコメント: